鈴木 幸子

2007-08-04更新
写真20歳頃、元禄の頃から13代目の農家のお嫁に行き、農家暦51年になるおばあちゃん。

私は1935年(昭和10年)8月生まれの72才です。身長はすごく小さくて、140.5センチ位です。少し縮んだからですよ。中学時代は全ての人から「チビチビ」と呼ばれるか「サッちゃん、サッちゃん」と呼ばれていました。今でも野菜直売グループの人達からはサッちゃんと呼ばれています。しわだらけなのに・・・動揺の「サッちゃん」に申し訳ないです。

高校はその頃憧れの都立高校を卒業。クラブは合唱部、新聞部でした。毎週3,4本の映画を見てました。その頃の洋画は全ての画面の右側に日本語が書かれてました。だから英語と両方が一緒にわかりました。

20才になったばかりで川崎でも1、2を争う大百姓に嫁ぎました。可愛がってくれていた祖母は私の体が小さいので農家は無理だとすごく反対しました。

さあ嫁いでからの日々の大変さといったらありませんでした。でも私は幸せになるんだと親が願いを込めてつけてくれた名前なんだからと日々努力をしました。

今はすごく幸せです。楽天家なのであまり暗い気持ちは持ちませんでした。

すごく笑い上戸なのです。だから皺がたくさんあるのかしら。

皆さん、明るく生きてくださいね。 (鈴木 幸子)
鈴木 幸子のバックナンバーはこちら

お知らせ

  • サイト内検索機能を追加しました。(2010/9/17) mommiesbehappy.com