銀座の夜は、何もおこらない。

2007-09-09更新
写真私の黒革の手帳から、銀座の世界について少し語ろうーーー

日本に始めて来た某メーカーのフランス人副社長を

一流の銀座のクラブに連れて行った。

ついたホステスがフランス語の出来る可愛い子だったので

その副社長は、大喜び。

話が弾み副社長はご満悦である。

そのうちホテルと部屋番号をメモに書いて渡していた。

さすがフランス人、女好きである。

勘定の段になると気分を良くしたのか、

ここは自分で払う、と請求書を受け取った。

しかしその請求者を見て一瞬顔が曇る。

2名様 12万円

副社長は、「これは、全て含んでいるんですか?」と聞く。

「いいえ、お喋りだけのここの料金ですよ」と言うと、

「信じられない!!」と言う顔で肩をすくめた。

ホテル迄車で送って行ったが、先ほどの勘定のことを忘れ

彼女に期待しているのか、浮かれている。

そしてその翌日に会ったが寝不足みたいで不機嫌そうな顔をしてた。

「彼女は来なかったでしょ。銀座の女性はおしゃべりするだけです」

と言うとムスッとした顔をして、あまり返事もしない。

深夜遅くまで彼女の来るのをズーッと待っていたのだろう。

寝不足なのも分かる。会議でもボーとした顔をしていた。

それ以来、その副社長は日本には二度と来るコトはなかった。

銀座は外人には、とうてい理解出来ぬ世界であろう。

(hide) →プロフィールはこちら
仕事バックナンバーはこちら

お知らせ

  • サイト内検索機能を追加しました。(2010/9/17) mommiesbehappy.com